fbpx

神代杉
PremiumMUKUten.

size
W1765×D980×T60 (mm)

Finsh
ナチュラルレジンECOPOXY + オイル | T-pluster

鳥海山、神代杉 二千年の火の記憶


黒褐色に輝く銘木
火山の火・灰に育てられた神代杉

太古の昔、山形と秋田の境に位置する鳥海山に生えていた樹木が
火山噴火による火砕流や土石流に
立木のまま流され、埋もれ。
長い年月のうち、さらに土砂が堆積し、
地中深く、菌類に浸食されることなく、ほぼそのままの状態で残ったもの。
人工的な工事で掘削された地層から偶然発見される。それがこの神代杉。

神代杉が地中や水の中に長い間埋没していた「埋木」といわれる所以である。

何百年何千年という途方もない年月のなかで
いろいろな時季や偶然が重なり、
密閉状態で樹木の姿のまま現代まで残った木、神代杉。

多くは土中で朽ち果てて土に還る自然の営みのなかにあり、
それは奇跡。

地中にあるとき、杉の表面は黒色だが、内部は卵の黄身のような色をしている。
再び酸素と光にふれると、
色を変え、薄い墨色のようになり、それを数年かけて乾燥させると、
灰色の美しい色へと変化する。
永い年月を経てようやく出会える素材である。

磨けば磨くほど艶が出る、
渋みのある色と木目の美しさ

それは火と水と土がつくり出した
神秘である。

Scroll to Top